Slackへ問い合わせ送信イメージ

Slack

Slackへ問い合わせ内容などをメッセージで受信する

更新日:

お問い合わせや申し込みの内容をSlackへ送信できたら便利ですよね。
今回は、通知するためのSlackアプリの作成してメッセージ投稿URLを作成する手順を紹介します。

Slackアプリ作成

Slack APIのページアクセス

まずは、WEBのSlackにログインして、Slack APIへアクセスしましょう。
※すでにログインしている場合は、Slack API(https://api.slack.com/apps)へアクセスして、次の手順へ進みましょう。

Slackログインへアクセスします。
URL:https://slack.com/intl/ja/signin

ワークスペース名を入力して、続行するで次へ行きます。

slackサインイン ワークスペース入力

メールアドレスとパスワードを入力してサインインします。

Slackサインイン アカウント入力

次に、サインインしている状態でSlack APIへアクセスします。
URL:https://api.slack.com/apps

Slack APIページアクセス

App作成

Slack APIの「Create New App」を押して新しくアプリを作成します。

Slack App作成ボタンクリック

アプリ名とワークスペースを入力します。
入力が完了したら「Create App」でアプリを作成しましょう。

Slack App作成 アプリ名入力

「Add features and functionality」の中の「Incoming Webhooks」を選択します。

Incoming Webhooks選択

「Activate Incoming Webhooks」の横の「off」をクリックして「on」にします。

Activate Incoming Webhooks off
Activate Incoming Webhooks on

下へスクロールして、「Webhook URLs for Your Workspace」の下の方にある「Add New Webhook to Workspace」をクリックします。

Add New Webhooks to Workspace クリック

「Post to」のセレクトボックスで受信するチャンネルを指定します。
チャンネルを指定したら「Authorize」をクリックします。

Post to channel選択

「Webhook URL」が出来上がったのでアプリの作成は完了です。

Add New Webhook to Workspace完了

「Your Apps」でアプリ一覧に戻ると作成されたアプリがあるのが確認できます。

アプリ一覧

送信テスト

先ほど作成したアプリの送信テストをします。
アプリ一覧から作成したアプリを選択
→「Building Apps for Slack」の中の「Add features and functionality」を選択
→「Incoming Webhooks」を選択
→下の方にスクロールして「Webhook URLs for Your Workspace」の中の「Sample curl request to post to a channel」に書いてあるコマンドコピーします。

Sample curl request to post to a channel コピー

そのコマンドをターミナル等で実行します。

postコマンド実行

「Post to」に指定したチャンネルへ「text」に指定されている「Hello, World!」が投稿されます。

Slackメッセージ受信

アプリの動作が確認できたので無事完成です。
このURLに対し、ホスティングしているサーバからPostで受信した問い合わせ内容をjsonを飛ばすことでSlackへメッセージが投稿されるようになります。
jsonの指定などの使い方に関しては、Slackのドキュメント(https://api.slack.com/incoming-webhooks)を参考にしてください。

-Slack

Copyright© freamap ブログ , 2020 All Rights Reserved.